カードゲーム「HAGMI!-HeavyArmedGirsMission!-」についての情報です。

ルールの解説をします。

説明書

ゲームの準備

1セットで遊ぶ場合、兵器デッキ作戦デッキとでそれぞれ1つの束にして、プレイヤーの間に置きます。
ダメージカードを均等な内容になるように配り束にし、それをシャッフルしてダメージデッキを作り各プレイヤーの手元に置きます。

ターンの流れ

スタートフェイズ

ターンの最初に訪れるフェイズです。
スタンバイステップ
カードのスキルで指定されている場合、このステップにその処理を行います。
ドローステップ
ダイスを2つ振り、その出た目によって兵器デッキ作戦デッキからカードを引きます。
ダイスの目が1・2・3の場合は作戦デッキから1枚。
ダイスの目が4・5・6の場合は兵器デッキから1枚。
投げた複数のダイスが全て同じ目の場合、その数字で指定されたデッキから追加で1枚引きます。
なお「ダイスを振って出た目に応じて引く」ことを兵站と呼びます。

メインフェイズ

カードをプレイできるフェイズです。
コストが支払える限り、何度でもカードをプレイすることが出来ます。

バトルフェイズ?

主に兵装による戦闘を行うフェイズです。
準備ステップ
攻撃を行う場合、その兵装の燃費分の燃料を支払い、攻撃対象として戦場のカード、もしくは対戦相手を選択します。(攻撃宣言
選択できる数は攻撃範囲を参照し、SINGLEの場合は1つを、MULTI-Nの場合はNつまでを。
ALLの場合は対戦相手を選択し、そのプレイヤーと、そのコントロールする自動的に全ての対象を選択します。
攻撃が防衛?されない場合、攻撃兵装と攻撃対象は戦闘関係になります。
防衛ステップ
攻撃対象として自身や自分のコントロールする兵装が選ばれた場合、戦場や手札の兵装でその攻撃を妨害することが出来ます。
戦場の兵装で防衛を行う場合、その兵装の燃費分の燃料を支払い、攻撃している兵装を対象に防衛を行います。
手札の兵装を使う場合、生産と同じ手順で兵装を戦場に出し、燃費分の燃料を支払って防衛を行います。(緊急防衛
防衛には「反撃?」と「守護?」の2種類が存在します。
反撃は、攻撃対象に選択された兵装自身が、攻撃している兵装に対して防衛を行う場合のことを指します。
守護は、自身以外の攻撃対象への攻撃に対して防衛を行うことを指します。
この場合、自身が攻撃対象に含まれていないことが条件になります。(攻撃対象に含まれている場合は反撃しか出来ず、他の対象を守ることは出来ない)
また、一つの対象に複数の兵装で防衛することも出来ます。
その場合攻撃兵装のコントローラーは、それらのうちの1体を選択して、戦闘ダメージを与える対象にします。
この時、攻撃兵装の攻撃範囲がMULTI-Nで、攻撃対象に選んでいる対象がN以下の場合、その差分(余っている数の分)新たに攻撃対象を選択することが出来ます。
こうやって攻撃兵装と防衛兵装が決定した場合、それらは戦闘関係になります。
交戦ステップ
このステップで兵装は戦闘関係にある対象に火力分のダメージを与えます。
その場合、兵装の射程を参照し、それに長い方(LONG>MIDDLE>SHORT)から順番にダメージを与えます(ダメージ計算をする)。
射程が同じ兵装同士は同時にダメージ計算をします。
ダメージ計算の結果、装甲の値以上のダメージを受けた兵装は破壊され、それはその戦闘関係から取り除かれます。
戦闘終了ステップ
すべての戦闘関係にある兵装がダメージ計算を行った後、その戦闘を終了します。
1回のバトルフェイズに同じ兵装で2度以上攻撃宣言することは出来ません。防衛は可能です。
全ての攻撃可能な兵装が攻撃宣言をするか、ターンプレイヤーがこれ以上攻撃しないことを宣言した場合、バトルフェイズを終了します。
可能なことは先のメインフェイズと同じです。バトルフェイズを行わなかった場合はスキップされます。
全てのプレイヤーがメインフェイズに行動を行わないことを確認しターンを終了させる場合、このフェイズに移行します。
修復ステップ
全ての装甲・耐久を持っているカードに与えられたダメージを取り除きます。
補給ステップ
ターンプレイヤーは手札のカードを燃料として、戦場の兵装に補給することが出来ます。
何体の兵装に何枚を補給するのかは任意ですが、このステップでの補給は1度に処理します。
ターン終了ステップ
このステップを経て、次のプレイヤーのターンになります。
また、「ターン終了時」と記載されているスキルは、このステップに処理を行います。

基本ルール追記

※説明書に記載されていない重要なルールの追記です。

ダメージカードの挙動について

・プレイヤーがダメージを受けてダメージカードを複数枚引いた場合、そのプレイヤーは引いたカードの効果を好きな順番で処理して良い。

いろんな遊び方

シンプル

兵装の持つスキルを無視してゲームを進行する遊び方。
対戦型カードゲームに馴染みの薄い方は、こちらでこのゲームの特徴に慣れることをおすすめします。

カスタム

ゲームセットが2セット以上ある場合、それらを合わせて遊ぶことも出来ます。
全部混ぜてもよし、特定のカードを選ぶもよし。お好みに合わせてどうぞ。

多人数戦

複数人で同時に対戦を行う遊び方です。最大4人までを推奨しています。
ゲーム進行は通常通りですが、ゲームセットが1つしかない場合はダメージカードを無作為に等分し、それでダメージデッキを作ります。
3人の場合は7枚、4人の場合は5枚がダメージデッキの枚数になります。
2セット以上ある場合は通常通り、全員が同じダメージデッキになるように調整します。

構築戦

一つ、または複数のゲームセットのカードを使ってデッキを作り、他のプレイヤーと対戦する事ができます。
基本的に好きにデッキを作れますが、以下の制約を守ってください。

.妊奪の枚数は「兵器デッキと作戦デッキの合計」で20枚以上。

同じカード(兵装カードの場合[兵装名]]と「搭乗者」が同じもの)は2枚まで。(同じ兵装名([基礎兵装]等)でも、搭乗者名(キャラの名前)が違えば別カードとして扱います)

ダメージデッキは10枚を、合計のコストが10以下になるように選びます。
(例:HGM01のみで構築する場合、コスト4の「埋蔵金」を2枚入れたのなら、残りはコスト1の「流出原油」2枚かコスト2の「不発弾」を1枚。あとは全てコスト0の「回収資源」)

ぅ好蝓璽屬鮖箸場合は兵器、作戦、ダメージを判別できるように、透明のスリーブか複数の不透明スリーブを使うこと。
無料配布セット『HAGMINI!』のカードを使う場合、最低でも『HAGMINI!』のカードが入っているデッキは裏面が確認できないスリーブを使うこと。ゲームの進め方は通常のプレイと同じで、触れることができるデッキは基本的に自分のデッキのみなります。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます